差し押さえ無料相談<財産を守るための対策案>

債権回収などの用語として、「仮差押」という用語が頻繁に出てきますが、これはどのような意味でしょうか。

 

これは弁護士に自己破産相談すると細かいことを教えてくれると思いますが、

 

ある民事上の請求をするとして、裁判が終結するまでに対象の財産を売却や隠匿される恐れがある場合に、

 

裁判が終結するまで債権者側では対象財産に対して何もできないとすると、せっかく裁判に勝ったとしても、再度売却先に対して民事上の請求をしたり、

 

隠匿したのを突き止めるなどの必要があり、裁判をする意味がなくなってしまう場合があります。

 

たとえば、売却した不動産について代金が払われないから、解除を通告したけれど、いっこうに不動産について登記を戻してこないような場合です。

 

このような場合のために、民事訴訟を起こすに先立って「仮差押」という制度が民事保全法を根拠に認められています。

 

略して「かりさし」と呼ばれることもあります。

 

金銭請求の場合には、法人の場合は売掛金や預金を、個人の場合は預金や給与を差し押さえることが多くあります。

 

これにより、仮差押をした者は裁判に勝った場合の財産の保全を可能にすることができるのです。

 

ただし、裁判に必ず勝つとは限らないため、ほとんどのケースで目的物の一定割合で供託をすることを命じることが通例です。

 

仮差押え通知が来たら、債務者側のかたは弁護士などに相談したりするとよいでしょう。

 

差し押さえまで状況が迫ってきていると、借金問題を1人で解決するのはかなり難しいです。

 

早めに専門家に相談がベターだと思われます。