差し押さえ無料相談<財産を守るための対策案>

口座の差し押さえをされたらどうする?

自動車税や市民税など、税金を滞納して口座を差し押さえられえる場合があります。

 

正当な理由がないのに法的期限までに税金の申告や納付を行わなかった場合、税務署から督促状が送られます。

 

督促状お送ってから10日以内の納税が認められない場合、財産の差押えができるようになり、その対象に預貯金口座が含まれるのです。

 

税金は破産してもなくなりません。

 

税金を納付すればすぐに差押えは解除されますが、身に覚えのない税金であったり、課税権を超えた税金である場合はその行為自体が不法であり違法ですので、不服申し立てが適用されます。

 

国税徴収法の自力執行権によって、口座が差押えられ、資金が動かせない状況を解除するには税金の完納しかありません。

 

どうすれば差押えの対象となる税金を納付できるかを考えましょう。

 

まずは住んでいる地域の役所の福祉課に相談されることをお勧めします。

 

払う手だてがないことをただアピールしても税金は消えてなくなりませんから、新規に課税される税金を含めて、滞納分を計画的に完納できるある程度の条件を提示しなければ差押えの解除は難しいでしょう。

 

滞納額に納付額が見合わない場合も拒否される可能性があります。

 

まずは相談に行き、任意整理デメリットや、どの程度の分割納付が可能か、話してみましょう。