差し押さえ無料相談<財産を守るための対策案>

差し押さえは税金の滞納がたまり、納める金力があるのに納めようとしない人に対して行われます。

 

差し押さえの対象となるものは、滞納者の預金、車などです。

 

特に預金を差し押さえられた滞納者は、たいがい怒り心頭で役所の税務課へ駆け込んできます。

 

給与や年金の支給日に差し押さえられたりすると、特にすごいのですが、これは交渉術であり、生活に困ってしまう滞納者は諦めて過去の滞納額を納めることもあります。

 

また、車の差し押さえでは、タイヤロックをすることで、運転できなくなってしまいます。

 

この方法も滞納者にとっては、生活上相当な不便をきたすので、とりあえず納めていこうという気持ちになるようです。

 

このように差し押さえは口約束やお宅訪問では納付におうじようとしない滞納者に対して、強引に納付を迫る方法であります。

 

税務職員には、差し押さえを行う権利が合法的に認められており、これを駆使することで、悪質な滞納者たちに対抗しているのです。

 

さらに差し押さえをしてもまだ不十分という場合には、家宅捜索をする権限もあります。

 

これは家内の金品を根こそぎ押収して、インターネットオークション等で換金し滞納額に当てるという行為です。

 

ここまでやられてしまうと、滞納者としては相当に苦しくなります。

 

税金の未払いなどは月単位では、そんなに悪いことをしている気にはならないものですが、

 

積もり積もるとなかなかの額になってきます。

 

差し押さえ通知は突如としてやってくることがあるので、もし差し押さえの通知が来た時はすぐに弁護士などに相談するとよいでしょう。

 

自己破産費用についてはこちら。